スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアストレートの場合はしっかり軟化が必要です

普通のアルカリのアイロンの矯正では薬を付けてからの放置時間が長すぎると、過ぼうじゅんになってしまい髪がボロボロになります。置きすぎはいけません。

エアストレートの場合はちょっと違います。少し置きすぎたくらいが良いようです。と言うのも元々酸性のお薬なので浸透しずらいのもありますが、エアストレートの場合はしっかり軟化が必要です。

むしろ軟化が甘いとその後のブローの時、いくら真っすぐにブローしてもダメなようです。



エアパーマやエアストレート

テーマ : ヘアスタイル・ヘアアレンジ - ジャンル : ファッション・ブランド

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 リンク集