スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛みすぎた髪にはやはり髪に優しい低温のエアストレートがオススメです

エアストレートが万全な訳ではありません。確かにパーマをするにしてもストレートをするにしても髪の痛みに関して言わせていただけるならエアストレートのように低温でやるにこしたことはありません。

痛みの原因のタンパク変成をおこしませんからね。ただ確かにしっかりとしたウェーブやより真っ直ぐさを求めるのであれば高温のデジタルパーマやアイロンの縮毛矯正ストレートにはかないません。

でもそれは健康な髪に対しての事。痛みでパサついている髪にはやはり低温での施術が好ましいでしょう。特に痛みすぎた髪にはやはり髪に優しい低温のエアストレートがオススメです。





アイロンを使わない酸性の縮毛矯正・低温エアストレート
スポンサーサイト

テーマ : ヘアスタイル・ヘアアレンジ - ジャンル : ファッション・ブランド

エアストレートはただアイロンを使わないだけではないんです

アイロンの180度に比べてブローの90度。低温のエアストレートではありますが、アイロンでも低温の物もあります。確かに何もエアストレートだけが低温な訳ではありません。

ただアイロンはプレスをして真っ直ぐににますので例えるならば髪は仕上がりはうどんのきしめんのような状態になります。その点エアストレートは髪をブラシとブラシの間をスルーさせるためプレスによる髪の潰れはありません。

髪の本来の楕円形のままです。あのアイロンのプレスが変に真っ直ぐ過ぎて形を作りにくかったりする原因なんです。ですからエアストレートはただアイロンを使わないだけではないんです。あえてブローで伸ばすのは理由があるんです。



アイロンを使わない酸性の縮毛矯正・低温エアストレート

テーマ : ヘアスタイル・ヘアアレンジ - ジャンル : ファッション・ブランド

髪に優しいエアストレート

縮毛矯正ストレートはアイロンだけと思っていませんか?エアストレートは弱酸性で髪の痛みはほとんどありません。通常のアイロンの縮毛矯正ですと180度の高温の為、髪がタンパク変成を起こしてパサついて硬い髪になってしまいます。

当然痛みも伴いますし、元に戻る事はありません。エアストレートはアイロンは使わずブローでの施術になりますので、大体90~100度での施術になりますのでアイロンにくらべてタンパク変成はかなり抑えられるやり方になっています。

テーマ : ヘアスタイル・ヘアアレンジ - ジャンル : ファッション・ブランド

相互リンク

相互リンクドクター!アクセスアップ
相互リンクでリンクの輪を広げよう!相互リンクドクターはリンクの輪を広げる手助けをします!

ヘアスタイル 相互リンク集

無料SEO対策相互リンク集コスメヘアスタイル育毛・増毛

テーマ : ヘアスタイル・ヘアアレンジ - ジャンル : ファッション・ブランド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 リンク集