スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアストレートは20000円

エアストレートをやりはじめたお店が最近増えたようです。真っすぐになりすぎる縮毛矯正に一般の人達もあきてきたんですね。わたしもこの間エアストレートをやって来ました。

本当、さらさらで柔らかくなるんですね。びっくりしました。近所でなかったので世田谷の美容室まで行っちゃいました。でも仕上がりは満足したので電車賃代はしょうがない。

でも・・高いですね。アイロンの矯正は安い所だと5000円くらいの所も最近ではあるのにエアストレートは20000円!!美容師さんも

「手間と薬代が高いんで・・」

って言ってましたけど、もう少し安くなるといいんですけどね。


お手入れのしやすいエアパーマやエアストレート
スポンサーサイト

テーマ : ヘアスタイル・ヘアアレンジ - ジャンル : ファッション・ブランド

アレンセラフのシャインとファンデ

エアストレートの専用シャンプートリートメントが良いみたいです。アレンセラフのシャインとファンデ。少し高めではありますが、洗ったあとの質感はまさにエアストレートが終わった後のようです。

エアストレートをしている方用ではありますが特に痛んだ髪用って感じみたいです。デジタルパーマや縮毛矯正やカラーによる痛み。パサついた髪をしっとり柔らかく保湿。

売れすぎで今は欠品らしいのですが・・もしあなたの行きつけの美容室で見つけたら是非購入してみてはいかがでしょうか。


アイロンを使わない酸性の縮毛矯正・低温エアストレート

テーマ : ヘアスタイル・ヘアアレンジ - ジャンル : ファッション・ブランド

エアストレートの場合はしっかり軟化が必要です

普通のアルカリのアイロンの矯正では薬を付けてからの放置時間が長すぎると、過ぼうじゅんになってしまい髪がボロボロになります。置きすぎはいけません。

エアストレートの場合はちょっと違います。少し置きすぎたくらいが良いようです。と言うのも元々酸性のお薬なので浸透しずらいのもありますが、エアストレートの場合はしっかり軟化が必要です。

むしろ軟化が甘いとその後のブローの時、いくら真っすぐにブローしてもダメなようです。



エアパーマやエアストレート

テーマ : ヘアスタイル・ヘアアレンジ - ジャンル : ファッション・ブランド

エアストレートのツインブラシ。

エアストレートはアイロンを使わないブローで伸ばす縮毛矯正と言うのは、ずっと書いていますからいまさらですが、そのブローをするブラシ。エアストレート用に開発されたものではないのですがなぜか当たり前にエアストレートにセットになっているあのツインブラシ。

結構売れているみたいです。エアストレートをやった方にですけどね。やはりアイロンの縮毛矯正が流行った時もそうでしたからね。市販のアイロンでやけどとかする娘も多かったですしね。このツインブラシは使いやすいみたいです。

ただこうゆう人には良いけどこうゆう人は買わない方がいいって言うのがあるようです。

それは次回に

お手入れのしやすいエアパーマやエアストレート

テーマ : ヘアスタイル・ヘアアレンジ - ジャンル : ファッション・ブランド

失敗の少ないエアストレート

失敗の少ないエアストレートですが失敗するパターンで削ぎすぎの髪があげられます。仮にカラーで痛み過ぎている髪でもそんなに削がれ過ぎていなければエアストレートはそんなに問題ではありません。

むしろアイロンの矯正では実現出来ない柔らかい仕上がりになるはずです。本当にこまるのはやはり削ぎすぎの髪。ノーテンションとは言えブローしますから削ぎすぎの髪は重さがなくただでさえパサつきますから、せっかくのエアストレートの良さが台なしになります。

エアストレートとは言え万能ではありませんからね。当然美容室側にも止められる可能性もあります。そんな場合はあまり無茶はせず髪を揃えてからのエアストレートをオススメします。

低温エアストレート


テーマ : ヘアスタイル・ヘアアレンジ - ジャンル : ファッション・ブランド

謎に包まれたエアストレート

謎に包まれたストレートパーマなんです。エアストレートは!実はずいぶん前から出回っているようではあるんですよ。違う名前で!

雑誌とかでもチラホラ出ていたりネットでも違う名前で出ていたりとかしているようです。弱酸性の低温の縮毛矯正とかノーアルカリでノーアイロンの縮毛矯正とかはたまたもっとセンスの良い名前、その店その店のオリジナルの名前をつけたりしたりして10年くらいまえからやっているみたいです。

でも肝心の発売元は結構謎です。ネットで調べても詳しくわかりません。何か意図的な事があるんでしょうか。私も試しにエアストレートをやっているであろう何件かの美容室に問い合わせをしてみたのですが、何故か教えてくれませんでした。何故なんでしょうね。


フィルム・パックして形状記憶

テーマ : ヘアスタイル・ヘアアレンジ - ジャンル : ファッション・ブランド

自然な前髪に憧れませんか?

前髪の癖が強くてまめに矯正している方。確かに縮毛矯正は癖は伸びます。でも帽子のひさしのようになりませんか?前髪がつっぱっちゃったりしてとても不自然な前髪になりませんか。

気にならないとならあえて言いません。今までどうりアイロンの縮毛矯正をして下さい。ただ、それが嫌だって方!今まで嫌だったけどそうなるのはしょうがないと諦めていた方!

そうゆう方の為にエアストレートはあります。自然な前髪に憧れませんか?前髪だけ矯正する方にも特に、エアストレートはオススメです。



低温+乾燥でカールを形成するエアパーマ

テーマ : ヘアスタイル・ヘアアレンジ - ジャンル : ファッション・ブランド

エアカールと言う技術

エアストレートとは良く名前をつけたものですね。アイロンを使わないで癖を伸ばすからエアストレートですか私もはじめはエアウェーブと類似品かと思いましたが、まったくの違う物のようですね。

なんせこのエアストレートにはエアウェーブならぬ、エアカールと言う技術もあるようです。簡単に言うとエアストレートの技術の工程の中にカールをつけられると言うもの。

通常のエアストレートよりは工程は多少増えるため少し時間がかかるものの、エアウェーブよりも柔らかい質感のカールが作れる。と言う特徴があるそうです。

エアウェーブと同様に低温と風のパーマにもかかわらずエアウェーブよりも辛くないんです。重くないし、うるさくない!良い物が出たものです。


アイロンを使わない酸性の縮毛矯正・低温エアストレート

テーマ : ヘアスタイル・ヘアアレンジ - ジャンル : ファッション・ブランド

矯正をしながらカール

エアストレートって今まで雑誌にもチラホラ載っていた事があるのを知ってますか?結構ちょこちょこ掲載されているんですよね。違う名前ででなんですけど。美容室によって名前を変えているようですね。なにか理由がありそうですね。

それがここに来て一気にエアストレートって名前を統一?しようって動きがあるみたいですね。
やっぱりエアウェーブとかみたいに名前で売りたいって思って来たんだしょうね。そういえばエアストレートが優れている理由に同時施術でカールもつけれると言う事もあります。

矯正をしながらカールもつけれるなんて、本当すごいですね。


手入れが簡単なデジタルパーマ

テーマ : ヘアスタイル・ヘアアレンジ - ジャンル : ファッション・ブランド

エアストレートを表す時

エアストレートを表す時なんて言いますか、説明に困ります。

見た目は柔らかいですし、確かに触りごこちも違います。でも口で言うとなると、アイロンの矯正より柔らかい仕上がりですよ。とか、アイロンの矯正の様に硬くなりませんよとか痛みが少ないですよとかこれでは、他の縮毛矯正の説明とあまりかわりませんね。

一度試してもらうとこの凄い差がわかるのですが、そこがエアストレートの一番残念な所です。余りにも、アイロンの縮毛矯正が主流になりましたからね。名前が売れてないのも痛い所です。





アイロンを使わない酸性の縮毛矯正・低温エアストレート

テーマ : ヘアスタイル・ヘアアレンジ - ジャンル : ファッション・ブランド

エアストレートの良い利点

他のアイロンのアルカリの縮毛矯正との違い。エアストレートの良い利点として、一剤による軟化なんですが、結構時間はかかります。

温めなくてはないので!アルカリの一剤とは違い酸性の薬ですから加温が必須です。ここがエアストレートと普通の縮毛矯正との大きな違いでもあります。時間は少しかかりますがエアストレートには大きなメリットがいくつかあります。

もちろん酸性の薬剤なので髪に対する負担はかなりすくないのはもちろんのこと、多少時間を置きすぎても髪がビビれません。アルカリの縮毛矯正だとオーバータイムをしてしまうと命取りになってしまいますがエアストレートにはそれがありません。

むしろしっかり軟化させる事がエアストレートを成功させる事につながります。

テーマ : ヘアスタイル・ヘアアレンジ - ジャンル : ファッション・ブランド

エアストレートは使用するすべての薬剤が酸性

普通のアイロン縮毛矯正パーマの場合の薬剤、特に一剤とされているもの。ほとんどがアルカリ性です。これは髪を軟化させる為に必要ではあります。しかし痛んでしまった髪につけてしまうと過膨潤をおこし傷みの原因となります。

エアストレートだと使用するすべての薬剤が酸性。酸性だと癖を伸ばす力が弱いのでは?と思いがちですが、そのためエアストレートは一剤の時は加温が必須になります。酸性が故に感熱器で温める作業が必要になります。薬を均一に作用させる為に熱の方も全体に均一に当てなければならないようです。



アイロンを使わない酸性の縮毛矯正・低温エアストレート

テーマ : ヘアスタイル・ヘアアレンジ - ジャンル : ファッション・ブランド

痛みすぎた髪にはやはり髪に優しい低温のエアストレートがオススメです

エアストレートが万全な訳ではありません。確かにパーマをするにしてもストレートをするにしても髪の痛みに関して言わせていただけるならエアストレートのように低温でやるにこしたことはありません。

痛みの原因のタンパク変成をおこしませんからね。ただ確かにしっかりとしたウェーブやより真っ直ぐさを求めるのであれば高温のデジタルパーマやアイロンの縮毛矯正ストレートにはかないません。

でもそれは健康な髪に対しての事。痛みでパサついている髪にはやはり低温での施術が好ましいでしょう。特に痛みすぎた髪にはやはり髪に優しい低温のエアストレートがオススメです。





アイロンを使わない酸性の縮毛矯正・低温エアストレート

テーマ : ヘアスタイル・ヘアアレンジ - ジャンル : ファッション・ブランド

エアストレートはただアイロンを使わないだけではないんです

アイロンの180度に比べてブローの90度。低温のエアストレートではありますが、アイロンでも低温の物もあります。確かに何もエアストレートだけが低温な訳ではありません。

ただアイロンはプレスをして真っ直ぐににますので例えるならば髪は仕上がりはうどんのきしめんのような状態になります。その点エアストレートは髪をブラシとブラシの間をスルーさせるためプレスによる髪の潰れはありません。

髪の本来の楕円形のままです。あのアイロンのプレスが変に真っ直ぐ過ぎて形を作りにくかったりする原因なんです。ですからエアストレートはただアイロンを使わないだけではないんです。あえてブローで伸ばすのは理由があるんです。



アイロンを使わない酸性の縮毛矯正・低温エアストレート

テーマ : ヘアスタイル・ヘアアレンジ - ジャンル : ファッション・ブランド

髪に優しいエアストレート

縮毛矯正ストレートはアイロンだけと思っていませんか?エアストレートは弱酸性で髪の痛みはほとんどありません。通常のアイロンの縮毛矯正ですと180度の高温の為、髪がタンパク変成を起こしてパサついて硬い髪になってしまいます。

当然痛みも伴いますし、元に戻る事はありません。エアストレートはアイロンは使わずブローでの施術になりますので、大体90~100度での施術になりますのでアイロンにくらべてタンパク変成はかなり抑えられるやり方になっています。

テーマ : ヘアスタイル・ヘアアレンジ - ジャンル : ファッション・ブランド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 リンク集